空気がうまい家

家の中に入った途端、まるで森の中にいるような新鮮な空気・・・

その秘密は?

「空気がうまい家」の秘密1:化学物質を使わず自然素材だけで出来た建材

規制対象となっているホルムアルデヒドとクロルピリホスだけではなく、規制対象外の化学物質も使っていないので安心です!

シックハウス法(平成15年7月1日に施行された建策基準法の改正)ではホルムアルデヒドとクロルピリホスが規制の対象になり、この2種類の科学物質を使用していない建材を業界では『F☆☆☆☆』(フォースター)と呼び、一般的には健康建材と言われて無制限に使用することができますが、建材に含まれている化学物質はこの2種類だけではありません。

「空気がうまい家」はホルムアルデヒドとクロルピリホス以外の化学物質も使わない建材のみを使用している、まさに本当の健康住宅なのです。

「空気がうまい家」の秘密2:家具・電化製品・衣類・本などから発生する化学物質を吸着し、分解する「幻の漆喰」

「幻の漆喰」を使用することで、室内の空気環境が常にクリーンに保たれ、素晴らしく健康的な住空間が出来上がります。

本物の健康住宅を造り上げるためには、家具・電化製品・衣類・本などから発生する化学物質を吸着し、分解する必要があります。吸着だけでは施和状態に達し、ガスが充満してしまいますので、非常に危険です。

『幻の漆喰®』は一般的な自然素材だけでは対応しきれない化学物質を吸着し、分解します。

他の漆喰と大きく違う点は、その分解能力が備わっているかどうか。光もしくは熱を吸収することにより、反応が促進され、吸い込んだ化学物質や表面に付着した汚れや手垢などを分解してくれます。(当社では光熱触媒と呼んでいます)

だから、家の中で森林浴をしているような「空気がうまい家」ができる!


空気がうまくて、お子様・ご家族全員が安心できる家創りを考えます


「空気がうまい家」に住むと・・・

化学物質に晒されない環境で生活することができるので、アトピーやアレルギーをお持ちの方も安心!

自然素材を使うだけでは、健康住宅はできません。

今の文明社会では家具・電化製品・本・衣類と共存して生活しています。それらの多くの工業製品からも、たくさんの科学物が放散されています。もしそのガスを自然素材が吸い込んでしまったら・・・。呼吸を繰り返す自然素材の中には、その悪いガスが溜まってしまい、そのうち飽和状態に陥ってしまいます。結果、行き場を失った科学物質が室内に吐き出され、悪い空気環境の不健康住宅に一変してしまうのです。

「空気がうまい家」では、こうした化学物質を吸着・分解してくれる建材を使っています。実際に室内に入ると、まるで森の中にいるような清々しい空気が実感できます。