自然素材へのこだわり

無垢の木と漆喰のみでつくる家


あさひがこだわる家の「空気」。

みなさんは家の空気環境について考えたことはありますか?

例えば家の壁や天井などに使われている

建材(ビニールクロスや新建材など)から、

そして家具、電化製品、衣類などあらゆる化学製品から

化学物質が放出されていることをご存知でしょうか。


人が一日に食べる量はおよそ2kgなのに対し、

呼吸による空気の量はおよそ15kgにもなります。

毎日を過ごす家の「空気」が化学物質で汚れていたら…




アトピーや喘息などのアレルギーの原因は遺伝的要素、

環境的要素、心理的要素など多岐にわたりますが、

私たちは毎日の生活における「空気」が

重要な要素だと考えています。


シックハウス法(平成15年7月1日に施行された

建築基準法の改正)により

ホルムアルデヒドとクロルピリホスの

2種類の化学物質を使用していない建材を

『F☆☆☆☆』(フォースター)と呼び、

一般的には健康建材と言われ使用されていますが、

建材に含まれている化学物質は

この2種類だけではありません。


私たちが使用する建材「幻の漆喰®」「音響熟成®木材」は

ホルムアルデヒド、クロルピリホス以外の化学物質も使わない

まさに本物の自然素材です。




また、本物の健康住宅をつくり上げるためには、

家具、電化製品、衣類などから放出される

化学物質にも目を向けなければいけません。

一般的な自然素材が化学物質を吸着する力があったとしても、

吸着だけでは飽和状態に達し、ガスが充満してしまいます。


「幻の漆喰」が他と大きく違う点は、

「光熱触媒」の働きにより

漆喰が光もしくは熱を吸収することで触媒として働き、

空気中の化学物質を吸着・分解します。

”天然の空気清浄機”として家の「空気」を

きれいに保ってくれます。


____


「家」という場所は

家族が健康に過ごせる場所であること。

それをいちばんに考えて

家づくりをしています。



あさひの家づくり 〉




あさひがこだわる自然素材